入れ歯

入れ歯の種類

入れ歯の種類

総入れ歯

  1. 虫歯や歯周病によって上または下に一本も歯が残っていない場合に作製する義歯(入れ歯)のことを総入れ歯といいます。

    保険適応の総入れ歯は、レジンというプラスチック素材でできています。修理しやすく、長期使用が可能な反面、厚みがあるため、発音障害や装着時の違和感を強く感じてしまうというデメリットがあります。

    金属床義歯は、床の厚みが保険適用のレジン義歯より薄く、食べ物の温度が伝わりやすいというメリットがありますが、保険適応外の治療となります。

    総入れ歯

部分入れ歯

  1. 自分の歯が残っているものの、歯がない部分が増え、詰め物治療では補えない場合に作製するのが、部分入れ歯です。

    保険適応の部分入れ歯は、入れ歯を支えるために、「クラスプ」という金属のバネを残っている歯に引っ掛ける必要があります。そのため前歯では審美性が悪くなってしまうのがデメリットです。

    保険適応外のノンクラスプデンチャーは金属のバネを使わないため、審美性に優れ、金属アレルギーの心配がなく、軽くて装着感がよいと言われます。

    部分入れ歯

入れ歯の材質

保険診療の場合

  1. レジン床

    レジン床

自費の場合

  1. 金属床

    金属床
  1. マグネット

    マグネット
  1. ノンクラスプデンチャー

    ノンクラスプデンチャー
診療時間
09:00〜13:00 - -
14:30〜18:00 - 17時
まで
-

【 第3月曜 】14:30〜18:00(矯正治療のみ)
【 休診日 】月曜・日曜・祝日

『 ふみ歯科クリニック芦花公園 』

『 ふみ歯科クリニック芦花公園 』

芦花公園駅北口から徒歩1分

東京都世田谷区南烏山3丁目4-10
VIC芦花公園1階